読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わかってほしいと思いがちブログ

オシャレにいきたいのにアレコレ

未成年(再) 第8話 感想文

いよいよ佳境、逃げるしかなくなるまで追い詰められた若者たちの回。

副題「真夜中の逃亡者」

  • ヒロの大学推薦は不合格。デクの家では工場どころか父親の体調まですぐれない。デクはつぶやく「おかね」「りゅうぐうじょう」
  • 一方カーコはヒロと一緒に通うための白鳳大学に推薦合格。下駄箱にあった"ヒロ"からのメッセージを受け、指定の隠れ家に入るやいなや自分は大学を蹴って2人で浪人して過ごすのが望みだと好意をあらわに誘う。だがそこにいたのはカマをかけてメッセージを送った順平だった。
  • 瞳は神谷の通学を見送ったあとの帰り道に階段でかなり激しく転んでしまう。お腹の子は無事でホッとするも相変わらず議員の父は思いやりのない態度。二度と来るなと告げ、事実上の決別宣言。
  • 職場に刑事が来て凄まれるなど異様な雰囲気のゴローを不信に思いつつも、からかい半分の同僚たちだった。しかし隠れて着替える彼の背中にある刺青を見てしまい騒然となる。
  • モノクロに広がる世界、悲鳴をあげる心臓、萌香は穏やかな日常を送ってると思い込んでいたが生と死の残酷さをまたも再確認させられていた。
現実が、社会が、自分が、いつも悲しい彼ら。渡る世間が敵ばかりじゃいいかげん疲れるよね。
そしてさらにトドメの試練
                                          ↓

  • モヤモヤしているヒロ、順平、デクの3人は「フケようぜ!」とゴロー宅に向かって歩いていたが振り返るとデクがいない。
  • おかね は ぎんこう と覚えたばかりのデクはカウンターに行けばもらえるのかと受付をおとずれる。警備員につかまれ動揺した瞬間リュックサックにしまっていた拳銃がこぼれ落ち、もみ合いになってるうちに偶然出てきた工場担当の あの 行員に向かって事故的に発砲し、しかも重症を負わせてしまう。
  • とんでもない状況に動揺した3人はあわてて逃げる。その銀行強盗さながらの光景は防犯カメラに映され報道に流れることとなる。
拳銃(悪気なく)渡したのはゴロー、所持はデク、いじわる言ったは佐戸井、トリガーを操作してしまったのは警備員、銀行すら知らなかったデク、動揺して暴れてしまったデク、銃口の狙いを定めたのも・・・デク?

  • ニュース速報を見た仲間は隠れ家に集まり自首をすすめるがヒロはデクと逃げると言ってゆるがない。「俺の人生終わりだ」順平は頭を抱える。
  • 自宅に戻り勉強を続ける神谷は一大事なのだと我に返り自嘲した。そしてクリーニング屋から届いた母の洋服にふと目をやり不自然にボタンが取れていることに気づく。瞳が怪我した最中つかみちぎった飾りボタンと見比べると、母の狂行が確信され身悶えする。
  • 萌香は彼らの自首が最良ではないことを悟る。判断能力のないデクは病院に強制収容されてしまうからだ。

  • ヒロは夜の学校に忍び込む。職員室を探すと高校側から大学への推薦辞退する書類が見つかった。書き込みには"交友関係に問題あり" やさしかった担任は味方じゃないのか、そして大人に裏切られ続けた怒りと悲しみ。ヒロはこれまでになく打ちひしがれる。
夜の校舎窓ガラス壊して回った ・・・

  • 真夜中、北へ向かう貨物列車に闇に乗じて身を寄せる面々
  • 絶望にまみれながらも夢中で走るヒロ
  • 列車の中から神谷、瞳、ゴロー、デク、順平、そして萌香が手を差しのべ、ヒロは必死でそれをつかむ
  • 凍てつく世界へ線路は続く。


感想文っつってんのにあらすじ長くちゃダメだよねぇ。バ カ だ よ ね ぇ 〜(©小川菜摘)
そうだ。もっと独りよがりに、ただ感想の羅列グダグダだけのを別で書こう!34歳にして読書ならぬドラマ感想文だ。
列車のシーンが(地元方面)秩父鉄道を使用だったらしく地味にうれしい♪とかの雑記もとりあえずここまでにして(笑)
明日からは"できるだけ短く"をモットーにやるのだ。そうだそうだ!

しかしメタファーの連続だわぁ〜伸司野島〜すげーよーメタファー汁しみっしみだよ〜おおお。